アート観客   since 1996

1996年からアートを観客として見てきました。その記録を書いていきたいと思います。

日比野克彦

「日比野克彦展 会いたい」。1998.12.10~1999.1.10。スペースパート3。

「日比野克彦展 会いたい」。1998.12.10~1999.1.10。スペースパート3。 1998年12月20日。 何年か前、スカイドアで見た個展で、日比野克彦が改めて気になり、そのことは中山ダイスケも「ヴォイド」で触れていて少し嬉しかったが、その余熱がまだ残っ…

日比野克彦 「記して」。2003.7.3~8.30。キャノンサロンS。

日比野克彦 「記して」。2003.7.3~8.30。キャノンサロンS。 2003年7月16日。 初めて、品川のインターシティのあたりのキヤノンサロンというところに行った。 いつも、妙にさびれ、同時に海のそばという感じがしていた品川駅の南口が、まったく変わっ…

「日比野克彦 伝言ゲーム」。1996.10.11~11.9。スカイドアアートプレイス青山。

「日比野克彦 伝言ゲーム」。1996.10.11~11.9。 スカイドアアートプレイス青山。 1996年10月。 『ぴあ』の特集で「世紀末におもろいアートが炸裂!」というのがあった。明和電機。会田誠。鳥光桃代。開発好明。曽根裕。笠原出。カワイ麻弓。村上隆。野…

日比野克彦 個展。「ひとはなぜ絵を描くのか」。2010.10.30~12.13。アーツ千代田3331

日比野克彦 個展。「ひとはなぜ絵を描くのか」。2010.10.30~12.13。アーツ千代田3331 2010年12月9日。 本当に久しぶりに妻と一緒にアートに出かけた。廃校になった小学校をギャラリーにした、という場所があって、末広町という場所に出来た、という事…

「日比野克彦展 ある時代の資料としての作品たち」2002.9.28~11.15。目黒区美術館。

「日比野克彦展 ある時代の資料としての作品たち」2002.9.28~11.15。目黒区美術館。 2002年10月26日。 時代の脚光を浴びすぎていて、時代に乗るのがうまい人で、あまりにも遠い人だと思っていた。それが、ある展覧会を境に、急にアーティストとして…

「日比野克彦の一人万博」。2005.8.6~9.19。水戸芸術館現代美術ギャラリー。

「日比野克彦の一人万博」。2005.8.6~9.19。 水戸芸術館現代美術ギャラリー。 2005年8月31日。 思い切って、妻と二人で水戸まで出かけた。 義母の介護のことを、義姉にお願いして、水戸まで行く。 片道で2時間くらいはかかる。 最初に、水戸芸術館近…

「奈良美智 for better or worse」。2017.7.15-9.24。豊田市美術館。

「奈良美智 for better or worse」.2017. 2017年9月13日。 名古屋に一泊して、10時にチェックアウトして、自宅の電話を聞いたら、留守番電話に伝言が入っていた。妻が電話をしてくれて、だけど、その電話をしてくれた人となかなか話せなくて、それ…