アート観客   since 1996

1996年からアートを観客として見てきました。その記録を書いていきたいと思います。

ゲンロンカフェ

さやわか×佐々木敦「サブカル批評はキャラ概念で延命しうるか」【さやわか式☆現代文化論#25】。2016.3.31。ゲンロンカフェ 

さやわか×佐々木敦「サブカル批評はキャラ概念で延命しうるか」【さやわか式☆現代文化論#25】。 https://vimeo.com/ondemand/genron20160331 2016年3月31日。 会場は、何か知り合いの人たちが多い雰囲気で、それは珍しかった。トークが始まってし…

平田オリザ×東浩紀。『日本は「芸術立国」になれるか』。司会・内野儀。2014.11.3。ゲンロンカフェ。

平田オリザ×東浩紀。『日本は「芸術立国」になれるか』。 https://genron-cafe.jp/event/20141103/ 2014年11月3日。 ずっと見たかった平田オリザの演劇を見て、その頃、ちょうどゲンロンに平田オリザが来ると知って、申し込んだ。演劇は、心に残る、…

さやわか×西島大介。さやわか式☆現代文化論#23「西島大介とセカイは変わったのか」。2015.12.22。ゲンロンカフェ。

さやわか×西島大介。さやわか式☆現代文化論#23 「西島大介とセカイは変わったのか」。 https://genron-cafe.jp/event/20151222/ 2015年12月22日。 「AKB商法とは何だったのか」という本を読んで、アイドルというものを歴史化した上で、これからの事…

ケラリーノ・サンドロヴィッチ×佐々木敦 ニッポンの演劇#5「戦後日本語演劇を増幅する」。2016.8.16。ゲンロンカフェ。

『ケラリーノ・サンドロヴィッチ×佐々木敦 ニッポンの演劇#5「戦後日本語演劇を増幅する」』 https://genron-cafe.jp/event/20160816/ 2016年8月16日。 ゲンロンカフェのトークショーで、平田オリザが、一番信用している人、という言い方をしていて…

平田オリザ×佐々木敦 ニッポンの演劇4「現代口語演劇はいかにして更新されたか」。2016.6.28。ゲンロンカフェ。

平田オリザ×佐々木敦 ニッポンの演劇4「現代口語演劇はいかにして更新されたか」。 https://genron-cafe.jp/event/20160628/ 2016年6月28日。 この前、「ニッポンサポートセンター」を見て、何が面白いのか分らないのか分らないまま時間が過ぎて、気…

梅津庸一× 蔵屋美香 × 黒瀬陽平 × 齋藤恵汰。今、日本現代美術に何が起こっているのか ──「ニューカマーアーティスト」から見る美術の地勢図。2017.1.24。ゲンロンカフェ。

2017年1月24日。 「美術手帖」は、一般から見たら一部しか読んでないような雑誌だと思うが、でも美術業界内の読者率は、おそらく異常に高いと思う。その雑誌で、「ニューカマーアーティスト100」という特集があって、それを基にした、というか、こ…

トークイベント「東浩紀VS黒瀬陽平-----偶然を必然に変える力」。2013.12.28。ゲンロンカフェ。

2013年12月28日。 カオスラウンジで、本当に「新しい」存在として出現した黒瀬陽平は、その後、いろいろとトラブルがあって、それも自分のせいで起こしたような事らしく、せっかくの才能なのに、とがっかりしたような気持ちになっていて、だけど、そ…

椹木野衣×東浩紀 再考「悪い場所」------ふたつの震災と現代美術。2014.4.11。  ゲンロンカフェ。

2014年4月11日。 ゲンロンカフェに着いたら、まだ人が少なかった。コーヒーを頼んで、一番すみの扉に近い席にしたのは、長くなったらトイレに行くことになるから、という事だったけど、まだ歯茎か歯が痛い。本を読んで、面接のことを考えているけど、…

トークイベント「岡﨑乾二郎 × 岡田温司 × 土屋誠一」美術館という地雷原──それらは不発のままで保たれうるか?2017.6.2 。ゲンロンカフェ 

2017年6月2日。 ゲンロンカフェのトークイベントには、時々、出かけている。 1月にはアートに関する、新しい動きのイベントに参加して、その時も若い人が多かったが、今回も若い人が多いように思うし、いわゆる関係者が多いらしく、あちこちで別々に…

「フクシマ」へ門を開く ——— 福島第一原発観光化計画展2013。2013.12.24~28。ゲンロンカフェ・ゲンロンオフィス。

「フクシマ」へ門を開く ——— 福島第一原発観光化計画展2013。2013.12.24~28。ゲンロンカフェ・ゲンロンオフィス。 2013年12月28日。 今年になって「ゲンロンカフェ」が出来て、そのトークショーに行くようになって、東浩紀という人が、ホントに頭が…