アート観客   since 1996

1996年からアートを観客として見てきました。その記録を書いていきたいと思います。

森村泰昌

森村秦昌 [空装美術館] 絵画になった私。1998.4.25~6.7。東京都現代美術館。

森村秦昌 [空装美術館] 絵画になった私。1998.4.25~6.7。東京都現代美術館。 1998年5月21日。 さすがに、同じ顔は飽きる。 妻は、すっかり嫌がっていた。 この人はアートという世界で守られている感じがする。平気で、笑われる覚悟みたいなものが、な…

コレクション展。1997.4.8~5.11。齋藤記念川口現代美術館。

コレクション展。1997.4.8~5.11。齋藤記念川口現代美術館。 駅から歩いてすぐといっていい所にこじんまりとした美術館がある。取材の帰りに蕨駅で降りて行く。 確か入場料が300円くらい、というのも嬉しい。うっかりすると見のがしそうな入口を入る。荷物…

「森村泰昌写真展」。2002.4.27~7.7。川崎市市民ミュージアム。

「森村泰昌写真展」。2002.4.27~7.7。川崎市市民ミュージアム。 2002年6月1日。 会田誠。村岡三郎、そして森村の3人のトークショーも見た。 そこで、森村はかなり見事に司会をしていた。会田誠がしゃべっているのを見て、本当に見た感じと近い人なの…

森村泰晶「美の教室 静聴せよ」展。2007.7.17~9.17 。横浜美術館。

2007年9月8日。 東京都現代美術館の大規模な個展を見て、すべてが森村の顔だった。その後、テレビ番組を見て、この人は本気なんだ、美術に関して伝えることに賭けてるんだ、みたいな気合いみたいなものも分かった気がして、急に興味が深まり、本も読み…

「文学の触覚」。2007.12.15~2008.2.17。東京都写真美術館。

「文学の触覚」。2007.12.15~2008.2.17。東京都写真美術館。 2008年1月31日。 本当に久しぶりに、友人といっしょにアートを見に行くことになった。現地の写真美術館で待ち合わせた。2階のロビーみたいなところには以前はなかった小さなカフェ(?)…

「エモーショナル・サイト」。2002.11.16~11.24。食糧ビルディング。

「エモーショナル・サイト」。2002.11.16~11.24。食糧ビルディング。 2002年11月23日。 食糧ビルがなくなり、そこにあるギャラリーもなくなる。 それで、そこにあるギャラリーが共同で、もうすぐ壊されるビルを使って展覧会をやる。 最初はただ古く…

「横尾忠則作 暗夜行路」。2001.10.20~2002.1.14。原美術館。

「横尾忠則作 暗夜行路」。2001.10.20~2002.1.14。 2002年1月10日。 カゼとか、調子が悪いとか、そんなことでずっとどこも行けなかった。 2ヶ月ぶりにアートを見に行ける。 このところ、ただ、母が入院する病院へ通い続ける日々だった。 友人も誘っ…

「松井みどり×タカノ綾  マイクロポップ対談」。2007年3月22日・20時〜22時。ワタリウム美術館 B1ブックショップ。

「松井みどり×タカノ綾 マイクロポップ 対談」.2007.3.22。 ワタリウム美術館から、メールニュースが来て、この企画を知って、かなり早めに電話で申し込んでいた。マイクロポップという「考え方」には、文章を読んだだけだと、それほど理解ができなかった。 …