アート観客   since 1996

1996年からアートを観客として見てきました。その記録を書いていきたいと思います。

東京都現代美術館

SPACE FOR YOUR FUTURE。2007.10.27~2008.1.20。東京都現代美術館。

SPACE FOR YOUR FUTURE。2007.10.27~2008.1.20。東京都現代美術館。 2008年1月19日。 テレビや雑誌で見ていて、楽しみにしていた。 妻の友人の方が、興味を持って、一緒に行くことになった。 東京駅で待ち合わせをして、美術館に行き、最初は食事をし…

「リアル/ライフ イギリスの新しい美術」。1998.10.10~12.13。東京都現代美術館。

「リアル/ライフ イギリスの新しい美術」。1998.10.10~12.13。東京都現代美術館。 1998年12月6日。 イギリスの今のアートらしい。身近な日常を拠点として作っているアーティスト達らしい。 どこか冷めているようで、でも混乱やざらざらした感じが、…

森村秦昌 [空装美術館] 絵画になった私。1998.4.25~6.7。東京都現代美術館。

森村秦昌 [空装美術館] 絵画になった私。1998.4.25~6.7。東京都現代美術館。 1998年5月21日。 さすがに、同じ顔は飽きる。 妻は、すっかり嫌がっていた。 この人はアートという世界で守られている感じがする。平気で、笑われる覚悟みたいなものが、な…

MOTアニュアル2021 「海、リビングルーム、頭蓋骨」。2021.7.17~10.17。東京都現代美術館。

MOTアニュアル2021 「海、リビングルーム、頭蓋骨」2021.7.17〜10.17。東京都現代美術館。 2021年10月14日。 このアニュアルのシリーズは、第1回の1999年から毎年のように見てきて、約20年がたったのだけど、去年、コロナ禍で出かけるのをた…

GENKYO 横尾忠則 [原郷から幻境へ、そして現況は?]。2021.7.17~10.17。東京都現代美術館。

GENKYO 横尾忠則 [原郷から幻境へ、そして現況は?]。2021.7.17~10.17。東京都現代美術館。 2021年10月14日。 コロナ禍になり、今年の夏は感染者数が増大し、東京都内に住んでいると、とても怖くなり、外出を控える日々が続いた。 これまで、201…

草間彌生。1999.4.29~7.4。東京都現代美術館。

草間彌生。1999.4.29~7.4。東京都現代美術館。 1999年7月1日 何で、こんなに湿気をものすごく含んだ情熱なんだろう。 そういえば、鏡台を合わせ鏡にして、無限に続く中をよくのぞきこんでいたことを思い出した。なぜか、一人でいる時によくやった気が…

「おとなもこどもも考える ここは誰の場所?」。2015.7.18~10.12。東京都現代美術館。

「おとなもこどもも考える ここは誰の場所?」。2015.7.18~10.12。東京都現代美術館。 2015年10月8日。 この展覧会は、夏休みに合わせたもので、同時期に機関車トーマスの展示もやっていたから、その狙いはとても明らかなものだけど、始まったのが7…

大岩オスカール:夢みる世界。2008.4.29~7.6。東京都現代美術館。

大岩オスカール:夢みる世界。2008.4.29~7.6。東京都現代美術館。 2008年5月31日。 朝から雨で、気温15度。もう6月なのに、セーターを着ていこうとしたくらい寒い。部屋の中でウールを着ていて、少し動いたら、さすがに暑さのバリアみたいなもので…

「屋上庭園」。2008.4.29~7.6。東京都現代美術館。

「屋上庭園」。2008.4.29~7.6。東京都現代美術館。 2008年5月31日。 タイトルがよかった。 その前に見た、大岩オスカールがよかったねえ、という話を一緒に行った妻として、戻って、ああ別に2階からそのまま3階へ行ってもいいんだ、と妻にあやまり…

「横尾忠則 森羅万象」。2002.8.10~10.27。東京都現代美術館。

「横尾忠則 森羅万象」。2002.8.10~10.27。東京都現代美術館。 2002年9月28日。 つい数年前までは、横尾忠則という人は、すごくて、その作品になにか感じるところはあっても、それは、大御所であり、それも、自分よりも上の世代のスターで、その時を…

「MOTアニュアル2016 キセイノセイキ」。2016.3.5~5.29。東京都現代美術館。

「MOTアニュアル2016 キセイノセイキ」。2016.3.5~5.29。東京都現代美術館。 2016年5月8日。 アニュアルは、この発音も意味も今だにはっきりと分っていないというか、どうもピンとこない言葉のままだけど、1999年から始まって、その間に行わ…

「パラレル・ワールド もうひとつの世界」。2008.7.26~9.28。東京都現代美術館。

「パラレル・ワールド もうひとつの世界」。2008.7.26~9.28。 東京都現代美術館。 2008年9月20日。 台風が来て、夜中にはずっと雨が降り、行けるかどうか分からないと思っていのに、起きたら晴れていた。最初は、舟越桂の展覧会を目黒に見に行こうと…

「イメージのむこうがわ コレクションによるテーマ展示」。1999.10.8~12.12。東京都現代美術館。

「イメージのむこうがわ コレクションによるテーマ展示」。1999.10.8~12.12。東京都現代美術館。 1999年11月。 振り返ると介護の日々の中でも、時間があれば美術館へはけっこう行っている。それは、でも感情をキープするために必要なことだと思う。東…

「アートと音楽」。東京アートミーティング第3回。2012.10.27~2013.2.3。東京都現代美術館。

「アートと音楽」。東京アートミーティング第3回。2012.10.27~2013.2.3。東京都現代美術館。 2013年1月31日。 日曜美術館で坂本龍一と日比野克彦が対談していたのを見て、改めて、アートと音楽の展覧会を見たくなって、それは、一緒に見た妻も同じで…

「MOT アニュアル2010 装飾」。2010.2.6~4.11。東京都現代美術館。

「MOT アニュアル2010 装飾」。2010.2.6~4.11。 東京都現代美術館。 2010年4月1日。 束芋展を見たのが、3月に入ってすぐだったから、約1ヶ月ぶりに美術館へ出かける。今日から、あさってまで、朝は自分にとっては早い日が続く。今日はアートで、明日…

「ネオ・トロピカリア/ ブラジルの創造力」。2008.10.22~2009.1.12。東京都現代美術館。

「ネオ・トロピカリア/ ブラジルの創造力」。2008.10.22~2009.1.12。東京都現代美術館。 2008年12月23日。 義母をショートステイに預けているので、ゆっくり出かけられた。妻と二人で出かける。東京駅からバスに乗り、昼食を食べながら座っていて、…

WE LOVE PAINTING 。2002.12.21~2003.3.23。東京都現代美術館。

WE LOVE PAINTING 。2002.12.21~2003.3.23。 東京都現代美術館。 2003年3月16日。 これは、何かの応募で確かあたったものだった。 「戦後、アメリカ美術がヨーロッパの影響を抜け出し、独自の世界を立ち上げていく中で」みたいな文章がチラシにあり、…

「山口小夜子 未来を着る人」。2015.4.11~6.28。東京都現代美術館。

「山口小夜子 未来を着る人」。2015.4.11~6.28。東京都現代美術館。 2015年6月25日。 評判がいいらしい東京都現代美術館の山口小夜子展を見に行くことにした。妻のほうが、その時代をよく憶えているというので誘ったが、最初は、乗り気でなかったので…

常設展示 日本の美術、世界の美術―この50年の歩み。1997.3~1998.3。東京都現代美術館。

常設展示 日本の美術、世界の美術―この50年の歩み。1997.3~1998.3。東京都現代美術館。 1997年7月17日。 1965年の作品。エリザベートという作品名。水着の女性が座っていて、そのピントがぼけている。どこかの新聞記事の1部かもしれないし、有…

時間/視線/記憶 90年代美術にみる写真表現  コレクションによるテーマ展示。1997.6.20~8.17 。東京都現代美術館。

時間/視線/記憶 90年代美術にみる写真表現 コレクションによるテーマ展示。1997.6.20~8.17 。東京都現代美術館。 1997年7月17日。 畠山直哉の作品。川の連作。渋谷川の写真。それも、水面の高さから撮ったような作品。どこかの名所などと違って、リ…

「ミナ ペルホネン /皆川明 つづく」。2019.11.16~2020.2.16。東京都現代美術館。

「ミナ ペルホネン /皆川明 つづく」。2019.11.16~2020.2.16。 東京都現代美術館。 2020年2月6日。 妻がとても行きたがっていた。そして、テレビ画面で見ただけだが、皆川氏が、こんなに落ち着けるのか、とちょっと驚いた印象があったが、何しろ、ス…

「MOTアニュアル2012 「風が吹けば桶屋が儲かる」。2012.10.27~2013.2.3.東京都現代美術館。

「MOTアニュアル2012 「風が吹けば桶屋が儲かる」。2012.10.27~2013.2.3.東京都現代美術館。 2013年1月31日。 アニュアルシリーズは、ずっと見ている。だから、今回も見なくちゃという気持ちになっていて、だけど、その前の評判が悪い。田中功…

MOTアニュアル2003 「days おだやかな日々」。2003.1.11~3.23。東京都現代美術館。

MOTアニュアル2003 「days おだやかな日々」。2003.1.11~3.23。東京都現代美術館。 2003年3月16日。 MOTアニュアルは、1999年からだそうだが、もしかしたら、全部見ているかもしれない。そして、毎回、何だかおもしろいと思っているような…

「ジャスパー・ジョーンズ展」。1997.6.28~8.17。東京都現代美術館。

1997年7月19日。 美術の時間は、学校ではただの苦痛だったけれど、教科書のジャスパージョーンズのブロンズのビール缶は憶えていた。ムンクの叫びと、似ているのかもしれない。そういえば、高校の美術の教師が、高校の冊子を出す時に表紙に使うイラス…

「MO Tアニュアル2019 仮の声、新しい影」。2019.11.16~2020.2.16。東京都現代美術館。

「MO Tアニュアル2019 仮の声、新しい影」。2019.11.16~2020.2.16。東京都現代美術館。 2020年2月6日。 2000年から続く「アニュアル」だから、もう20回目くらいで20年くらいと考えると長いし、欠かさず見てきたけど、そのうち、どれくらい…

「名和晃平 シンセシス」。2011.6.11~8.28。東京都現代美術館。

「名和晃平 シンセシス」。2011.6.11~8.28。東京都現代美術館。 2011年8月26日。 近所に、まさか出来るとは思わず、モスバーガーでも出来ればいいね、とマクドナルドがなくなったあとに妻と話していたら、そういう願いがかなったせいか、一足飛びにギ…

「大竹伸朗 全景 1955-2006」。2006.10.14~12.24。東京都現代美術館。

「大竹伸朗 全景 1955-2006」。2006.10.14~12.24。 東京都現代美術館。 2006年12月20日。 西洋美術に、私よりはるかに詳しい友人とも一緒に行けることになった。 東京駅で待ち合わせをして、バスに乗る。 美術関係者の中で大竹伸朗のことが話題にな…

MOTアニュアル2002。「フィクション?絵画がひらく世界」。2002.1.19~3.24。東京都現代美術館。

MOTアニュアル2002。「フィクション?絵画がひらく世界」。2002.1.19~3.24。東京都現代美術館。 2002年3月23日。 若い友人2人と妻と一緒に4人で行くことになった。うれしい。 東京駅からバスで、美術館へ。 美術館に着いて、わりとすぐに目指す…

MOTアニュアル1999「ひそやかなラディカリズム」。1999.1.15~3.28。東京都現代美術館。

MOTアニュアル1999「ひそやかなラディカリズム」。1999.1.15~3.28。東京都現代美術館。 1999年2月13日。 妻が絶賛した内藤礼の作品。確かに、ぼんやりと、ずっといたい空間。 なんでなんだろう。ふわふわとしていて、でも、たぶんここでしかないとい…

「低温火傷」MOTアニュアル2000 。2000.1.18~3.26 。東京都現代美術館。

「低温火傷」MOTアニュアル2000 。2000.1.18~3.26 。 東京都現代美術館。 2000年3月25日。 見る前は、おもしろそうだとはいっても、企画の意欲はあるとしても、どこかで少し力み過ぎだったり、少し上滑りになるんじゃないか?との不安があった。 最初…